健康食品のフコイダン


わかめフコイダンは今、最も注目されている成分の一つです。褐藻類である、モズクやワカメなどに含まれ、あの独特のぬめりの素こそがフコイダンなのです。日本人は古来よりこのフコイダンを無意識に摂取していたと言われています。今まさにその日本人の食生活が正しかったことが証明されつつあります。

実は、フコイダンは100年以上も前に発見されていました。しかし研究が盛んに行われるようになったのは最近になってからのことです。そして次々とこのフコイダンが持つ特性や、効能、身体への効果が明かされてきています。さらには、健康食品としてとても優れたものであることまで分かってきたのです。その結果フコイダンが身体によいということは、広く知られることとなりました。具体的には、ガンやウイルスに対して効果があるとされています。

フコイダンは、褐藻類のぬめり成分で、日本人はこの独特な舌触りや食感を好んで食べるため、抵抗なく摂取できていました。ただ、近年の食の欧米化により若い世代を中心に褐藻類が苦手という人も増えつつあります。健康な身体を維持するには、やはりフコイダンは欠かせない成分ですし、日本の食文化に褐藻類は大きく貢献してきましたので、最近のフコイダンブームは、日本の食生活を見つめ直すいいきっかけとなってくれるでしょう。

フコイダンは、抗ガン、抗ウイルスの他にも様々な効果を身体にもたらしてくれますが、まだまだ分かっていない部分が多い成分です。これからの研究結果に期待しつつ、日々、この素晴らしい成分を摂取していきましょう。